×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

離婚調停ガイド

離婚調停ガイド
離婚 離婚調停
当事者同士での話し合いで、離婚がまとまらない(協議離婚が不成立)場合には、家庭裁判所に「夫婦関係調整(離婚)調停の申し立てをして、調停離婚に持ち込みます。
「調停離婚」は、当事者の間に「調停委員会」が入り、家事裁判官1名と男女1名ずつの「調停委員」との話となり、夫婦別々に話を聞いてもらえるので、自分の意見を遠慮なく話すことができます。


調停離婚に持ち込まれるのは以下のような場合が多いといえます。
● 一方が離婚の話し合いに応じない。
● 一方が離婚に同意しない。
● 子供の親権が決まらない。
● 離婚の合意はあるが、財産分与の取り決めが同意できない。
● 暴力を振るわれるなどで、相手と話し合いができない。

矢印  離婚調停の詳細 
調停の目的
離婚調停の目的は、話し合って合意に達することが目的です。離婚の最終的な判断は、当事者である夫婦が決めることです。調停でご自身の意思に反して離婚をさせられたりすることなどはありません。調停委員に自分の意思をハッキリと話す事ができます。しかし、自分の気持ちを伝える事が困難だという人などの場合には弁護士に依頼をして、代理人になってもらうことも一つの手段です。調停の期間内の途中からでも弁護士に代理人になってもらう事も可能です。
調停委員
調停委員について、当事者である夫婦の間に入って話を聞いてくれる調停委員は、40歳以上70歳未満の人で、社会的に知識及び経験の豊富な人で構成され、弁護士や家事の紛争解決に有効な専門知識を持つ人が最高裁判所より任命されて調停委員となります。
夫婦関係円満調整調停事件
夫婦関係がうまくいっていないけれど離婚の決心がつかないで、もう一度やり直したいなどと思っている場合には、「夫婦関係円満調整調停事件」の申し立てができます。
矢印  おすすめの探偵・興信所・調査会社 
探偵調査相談センター
調査会社の探偵調査相談センターのウェブサイトは、群を抜く確かな情報力と調査力による企業情報のご提供や企業信用調査をご提供する調査会社の運営となります。人材の採用調査やヘッドハンティングや労使間トラブルについての相談、また、企業信用調査、経営者個人の信用調査のみならず、企業経営の多岐多様な場面に於いて、必ずやお役に立てる事をお約束いたします。企業経営における調査・コンサルティングに関するご相談は、調査会社の探偵調査相談センターのウェブサイトをご確認ください。
公式ホームページ⇒ 調査会社
大阪府興信所
証拠撮影調査、個人信用調査、素行調査、浮気調査、離婚関連調査、ストーカー対策、行方調査、結婚詐欺等の不安を一掃する為の交際相手の調査など企業から個人の調査に至るまで探偵業務は日本全国に対応する興信所にお任せ下さい。ご相談やお見積りは無料となっております。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
     浮気調査
公式ホームページ⇒ 興信所
 離婚調停ガイド 


   テラ・サービス Terra Service

 運営:テラ・サービス Terra Service
公式サイト
 (士業サイト・探偵調査業サイト・各種法律サイト運営・WEBSITE関連サービス提供)
 
当サイトへの広告リンク掲載等のお問い合わせは、右記のお問い合わせフォームをご利用下さい ⇒ お問い合わせメールフォーム


 (PR LINK) 離婚・夫婦問題対応 行政書士ガイド 司法書士ガイド 弁護士ガイド

    浮気調査 大阪相談室 自分で出来る浮気調査 大阪 浮気調査 離婚相談 浮気調査ガイド


Copyright(C) 2012-2016 離婚調停ガイド All Rights Reserved.